大いなる海・・・人は群青の海に想う。

blog.hangame.co.jp/takion/article/

 

海に向かいて、ひとりたたずめば・・・

 

「群青(ぐんじょう)」・・・

 

遥かなる青の世界がひろがります。

 

ちなみに、群青とはその名のとおり青が群れ集まるという意味です。

日本の伝統色でも群青色とは紫みがった深い青色を指します。

 

昔から日本画には欠かせない特別な色で、桃山時代の障壁画や

江戸時代の屏風絵などにも使われています。

 

谷村新司が唄う「群青」の一節に海への”悲しい想い”が

あります。

 

作詞・作曲も谷村新司さん

 

群青の歌詞1番の終わりに・・

 

”野辺に咲きたる一輪の花に似て

儚きは人の命か・・・

せめて海に散れ 思いが届かば

せめて海に咲け 心の冬薔薇

 

冬薔薇(ふゆそうび)とは?

雪が降る頃に咲く薔薇(バラ)があります。

それを冬薔薇と書いて「ふゆそうび」といいます。

秋に咲いた咲き残りの薔薇が冬に咲いたものです。

 

「群青」この歌には悲痛な親の願いが込められています。

 

<歌詞1番註釈>

戦争で無残にも散った息子たちは、今も雪降る冷たい

群青の海に眠っている・・

冬に薔薇が咲くごとく、お前たちも冷たい海からその姿を

見せてほしい・・・と。・・(涙)

 

一輪の冬薔薇のはかなさと、群青の海の深さが伝わってきますね。

 

「群青」歌の2番目の一節

”老いた足どりで 思いをめぐらせ

海に向かいて 一人たたずめば

我より先に行く 不幸は許せど

残りて悲しみを 抱く身のつらさよ”・・(息子ヨ~)

 

<註釈>

残された父が一人海にたたずみ

泣きながら砂浜に二人の名前を書き、戦死した息子たちが

眠る群青の海を眺めている。

やがて、打ち寄せる波で砂に書いた二人の名前が消えてゆく・・

 

息子たちよ・・父もお前たちの元に早くいくよ~

待っていておくれ、という想いがあります。

 

「群青」は映画「連合艦隊」の主題歌です。

映画は1981年に公開され戦争映画ながら大ヒットしました。

ヒットした要因は敗戦までの特攻隊員の死に赴く想い、

親子の絆、愛する人との別れをベースに戦争の悲惨さが描かれ

感動の作品となりました。

 

ポスターに書いてある「最後の景色はおまえの瞳」とあります。

これは、特攻隊員が特攻する死の瞬間に、結婚式で挙げた時の

「白無垢の妻の瞳」が最後に見る心象風景となるシーンです。

 

よく極限状況に置かれた人が死の瞬間に走馬燈のように

過去のシーンがフラッシュバックすると言われていますね。

 

エンディングの一節にも

 

”群青の海に降る雪~~

空を染めてゆく この雪が静かに

海を眠らせて あなたを眠らせる”

 

・・・とあります。

 

戦死者に対する、静かなる永遠の眠りを、という想いですね。

 

谷村新司が歌う群青があまりにも効果的で、その音楽によって

映画が終わるとたくさんの人たちが泣いていたようです。

 

「群青の海に想う」でした・・・(・V・)

 

 

 

バミューダの謎?カリブ海の財宝映画!

 

ブーブー「南海の豚の楽園」

出典:http://bokyo-qualia.com/

 

カリブ海に「豚」が泳ぐ「ブーブーランド」があります!

まさに,豚のための楽園の島です。

 

それは,カリブ海のサンゴ礁からなる島の一つで

ビック・メジャー島です.

誰かが食料として島に放したブタさんが自然繁殖し

野生化したみたいです。

 

そして,このブーちゃんたち全ブーが海を泳ぐのです!

イルカの様に気持ちよく自然に泳ぐのです。

 

イルカを漢字で書くと「海豚」と書きます。

これがホントの海豚ではないでしょうか?(ブヒ~)

 

ツアーガイドさんの魚肉ソーセージを見ただけでも

泳いで寄ってきます。

 

そのソーセージは豚肉ではないでしょうね?(ブヒ~ブヒ~)

 

海豚だよ~ん エサ・チョウダイ!

出典:http://bokyo-qualia.com/

 

謎の海域で知られるバミューダとカリブ海を舞台とした

海洋アドベンチャー映画もあります。

 

沈没船の宝は?「ザ・ディープ」

出典:http://oriongogo.blog.fc2.com/

 

ザ・ディープ」は1997年のアメリカとイギリス合作の

作品。

 

原作は,サメ映画「ジョーズ」と同じピーター・ベンチリー

です。

 

バミューダ諸島にハネムーンにやってきた夫婦が海底で

偶然2隻の沈没船を発見!

 

沈没船に眠る,お宝2種をめぐって暗黒街のボスとの

争いに巻きこまれる海洋サスペンス映画です。

 

出演者は妻役にジャクリーン・ビセット

出典:http://internet-frontline.com/

澄んだ青い目の美人さんです。

この方,この時が美の絶頂期!

 

で~いつも思うのですが美人然とした女優さんは

その美しさだで振る舞うだけで「ググっとくる」

味のある演技を見せてくれる方は少ないですね。

 

この方今でも独身を守り切っています。

 

夫役にニック・ノルティ

出典:http://www3.ic-net.or.jp/

 

彼は,今作品で注目されその後出演した「48時間」

のヒットで一躍有名になりました。

 

近年は刑事,軍人など粗暴な役を演じる事が多いですが

プライベートでは薬物依存症でリハビリを受けています。

 

そして,海洋のプロ役でロバート・ショウ

出典:https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/

 

あれ?前作の「ジョーズ」ではサメに喰われて死んだのに

又,同じイメージでの出演はいかがなものでしょう?

 

同じ原作者の作品とは言えキャスティングに

違和感を覚えますね!

 

ロバート・ショウは「007ロシアより愛をこめて」で

ロシアの冷酷な殺し屋を演じ注目されます。

 

心臓発作により51歳の若さで亡くなりました。

 

「ザ・ディープ」あらすじ

 

新婚旅行でバミューダ諸島に来た新婚カップル。

 

フロリダ沖で,スキューバダイビングを楽しんでいる時

偶然にも海底に沈む難破船を発見する。

 

その船にはスペインの銀貨と黄色い液体の入った大量の

アンプルがあった。

 

アンプルを持ち帰った二人に宝石商を名乗る男が

訪れ,そのアンプルを買い取りたいと申し出る。

 

宝石商は暗黒街のボスである。

 

実はそのアンプルはモルヒネであり,大量の

麻薬でもあった。

 

かくして,夫婦は沈没船のモルヒネと財宝をめぐっての

海洋アクションとなっていきます。

 

大ヒット作「ジョーズ」に次ぐ同原作者の映画化だけに

注目を集め,宣伝文句にかられて見にいっても中身は

バミューダを舞台にしたスタンダードな海洋サスペンス

です。

 

でも,1977年の全米興行収入では第7位。

 

撮影は実際に海水を汲み上げた大規模な水中セットで

沈没船も設置し撮影されました。

 

記憶に残るのは,J・ビセットが海底から急に

浮上する時Tシャツがめくれ胸があらわになるのを

防ぐため必死にシャツを降ろしていたシーンです。

 

そんな場合のシーンでないのに,完全にカメラを意識して

いたのかもしれませんね。

 

自然のシーンでいいのに!・・・( ^ω^)

 

 

 

 

青い海を鮮血に染める!「赤い珊瑚礁」

 

青い海と珊瑚礁

出典:http://tabippo.net

 

青い空と紺碧の海・・・グレートバリアリーフ。

 

海に潜ると美しい珊瑚礁と鮮やかな熱帯魚たちとの

出会いがあります。

 

オーストラリア国内でも有数の人気を誇っており

セレブ御用達の超高級リゾートアイランドから日帰りまで

気軽に楽しめる観光スポットが多くあります。

 

グレートバリアリーフでのアトラクションといえば

なんといってもスキューバダイビングとシュノーケリングです。

 

この美しい海を求めて世界中から遊びにきますが

珊瑚礁を舞台とした数々の海洋作品もあります。

 

青い海が・・・血の海に!「赤い珊瑚礁」

出典:http://rottentaste.blog.fc2.com/

 

「赤い珊瑚礁」は1980年に実際に起きた事件を基に

人食いザメの恐怖を描いた作品です。

 

あ ら す じ

 

世界最大の珊瑚礁グレートバリアリーフ!

しかし,その海域は人食いザメの巣窟でもあった・・・

 

男女5人がその海域で楽しんでいたがエンジンが故障し

波で船は転覆する。

 

一人は船に残ることにしたが,4人は陸を目指して

泳ぐことになる。

 

しかし,一匹のサメが彼らを追跡していく・・・

・・・血の海が彼らを待っている。

 

 

「人食いザメの恐怖を描いた作品は他にも沢山あります。」

 

巨大人食いサメの恐怖!「ジョーズ」

出典:https://www.amazon.co.jp/

 

ジョーズ』は,スティーヴン・スピルバーグ監督による

  1975年のアメリカ映画です。

 

平和なビーチを襲う巨大人食い鮫の恐怖と,それに立ち向う

人々を描いたサメ映画の元祖映画です。

 

スティーヴン・スピルバーグの名前を全世界に浸透させました。

人食いサメの恐怖を,実に「ジョーズ」に描いています

 

5種類のサメの襲撃「シャークナイト」

出典:http://b9life.hatenablog.com

 

 

豪華な別荘で楽しいバカンスを過ごす,大学生の男女7人。


彼らはまだ知らない。


美しい湖に、招かれざる客がいることを・・・

 

サメの種類が多く登場するサメサメオールスター映画。

 

襲われた女の子は恐怖で「サメザメ」と泣きます。

 

サメ映画は「ジョーズ」がA級作品なら・B級~Z作品まで

多すぎて紹介しきれません!

 

海の恐怖映画の主役はサメさんです!

嚙みつくときの歯は大切にね!!

 

出典:http://bokete.jp

 

 

ブルーな愛ランド・・「青い珊瑚礁」

 

海辺でくつろぐカンガルーさん

出典:http://www.imart.co.jp

 

オーストラリア大陸で有名な動物といえばコアラと

カンガルーが思い浮かばれます。

 

特にカンガルーは国章にもデザイン化されています。

 

名誉ですよね!

 

実は,カンガルーは後ろに進むことができません。

 

困難なときでも前進あるのみで,そのスタイルが国の

象徴としてシンボル化されたんです。

 

そのカンガルーさんは海での泳ぎが得意なんです!

 

大陸で猛獣に襲われた時,海が近ければ海に逃げて

カルガルーと逃げ切るんです・・・・( ^ω^)

 

今のシャレ・・ど~よ・・

出典:http://nyah0nyah0.blog73.fc2.com/

 

また,オーストラリアには広大な青いサンゴ礁が広がる

グレートバリアリーフも世界的に知られています。

 

南海のサンゴ礁の島を舞台とした「青い珊瑚礁」という

映画作品もあります。

 

原題は「ブルーラグーン」のリメイク。

出典:http://cinesumima.cocolog-nifty.com

 

「青い珊瑚礁」は1980年公開のアメリカ映画で

孤島に流された幼い男女が成長して,大人に

なっていく過程を描いています。

 

主演のブルック・シールズは,当時美女の代名詞とも

言われる程の美少女スターでした。

 

出典:https://ameblo.jp/

 

美しすぎる!!!

しかし,その美しさにゆえにそちらだけに目が移り

あまり味のある演技が見られませんでした。

 

美し過ぎる事が裏目に出ることもあるんですね~。

 

現在のブルック・シールズ(50歳超え)

出典:http://dramanavi.net/

ストーリー

 

幼いエメライン(ブルック・シールズ)とリチャード

クリストフアー・アトキンズ)は叔父に連れられて

船で移動していました。

 

ある日,船で火事が起こり二人は乗組員のバトンと小舟で

避難します。

 

そして3人は,とある島を発見し上陸します。

3人は様々な物を作ったりして生きていきます。

 

バトンは,赤い木の実は決して食べない様に忠告します。

その実を食べると眠ったままになるというのです。

 

実は,その赤い実は毒の果実で眠りのまま死ぬのです。

 

その後、バトンは亡くなりエメラインとリチャードは別の

場所に家を建てて生きていきます。

 

数年後・・・成長した二人。

出典:http://blog.goo.ne.jp/

 

成長したエメラインは一人で泳いでいる時,股間から

出血し驚きます。(生理デス)

 

本人もリチャードも生理に対する知識が無いので

理由も分からず不思議がるばかりです。

 

そしてリチャードも又,エメラインの身体をみると

目が離せなくなってきました。(男の思春期)

 

ある日,些細なことで喧嘩をして別々に寝泊りする二人。

 

体調を悪くし倒れているエメラインを発見したリチャード

は元の小屋に連れ帰ります。

 

いつもの生活を取り戻して過ごしているとリチャードは

エメラインにキスします。

そして二人は身体の中が熱くなっている事に気ずいて

愛し合います・・・

 

限りなくブルーな愛ランド💛💛

 

一年後・・赤ちゃんも生まれ二人は幸せに

暮らします。

出典:http://reason1.jugem.jp

 

ある日,エメラインは別の場所に行きたいと言い出し

3人は小舟で海にでます。

 

少し眠っているうちにオールが落ちてしまい

小舟は漂流する・・・

 

漂流中・・赤ちゃんがいつの間にか,あの赤い木の実を

取ってきていて飲み込んでしまいます。(毒の果実)

 

水も食料もない状態が続き・・・

エメラインとリチャードも木の実を食べて

眠ることにします。

 

漂流・・そこに二人を探し続けていた叔父の乗る船が

3人の小舟を発見します。

 

乗組員は笑顔で、「3人が眠っているよ!」

 

と言って・・・・エンディングです。

 

この映画は,青い珊瑚礁を舞台に豊かな自然が

豊富に描かれています。

 

撮影の映像が抜群でアカデミー賞撮影賞にも

ノミネートされました。

 

エンディングのはかないシーンと共に,バックで

流れる曲が素晴らしい!!(涙・涙~また涙)

 

次回予告

青い海が血に染まる・・「赤い珊瑚礁」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とことんブルー・・「グラン・ブルー」

 

群青・・青は藍(あい)より出でて藍より青し

出典:https://www.amazon.co.jp

 

「グラン・ブルー」は1998年に公開されたフランスと

イタリアの合作映画です。

 

監督は「ニキータ」「レオン」で知られるフランスの

リュック・ベッソン。

 

フリーダイビングの世界記録に挑む二人のダイバーの

友情,そして海に生きる男を愛してしまった女性の心の

葛藤を描く海洋ロマンです。

 

イルカの声がする美しい音楽と共にはじまります。

 

映画は実在のダイバー,ジャック・マイヨールをモデルに

制作されました。

 

ジャック・マイヨール役のジャン=マルク・バールの

澄んだ瞳が素敵すぎます!

 

エンゾ役のフランス人俳優ジャン・レノはこの作品と

寡黙な殺し屋「レオン」で大きな成功をもたらしました。

 

エンゾが着ていた真っ赤なガウンが目に焼きつけます。

 

出典:http://mcrou.blog48.fc2.com/

 

グランブルー・・・

そこには音もなく,重力もなく

そして悲劇も・・・あるかも。

 

ストーリーの展開よりも・・・印象的なのは

物語のエンディングシーンです。

(いきなりネタバレ!許して!)

 

ジャックは海に潜る・・

イルカが誘う・・

 

ジャックは

恋人も振り切り,イルカとともに深い深い

海の底へ帰っていった・・・

 

グランブルーの世界へ・・・・・FIN

 

出典:https://www.amazon.co.jp

 

フランス公開時には若者たちの絶大な支持を集め

Fin(終演)と共に場内割れんばかりの拍手喝采の狂騒と

なりました。

 

当時のフランス国内の観客動員数は1000万人,パリでは

187周連続上映という記録を打ち立てました。

 

 

同じく,リュック・ベッソンの海洋映画

「アトランティス」もあります。

 

本作は三年以上に渡って世界中の海と生物を記録

しつづけたもので、若干のナレーション以外のセリフが

排除され、人間も登場しません。

 

登場する生物はマナティ,ウミヘビ,ホオジロザメなど・・・


エリック・セラの音楽と大きなイトマキエイが魅力的な

海洋ファンタジー作品です。

 

グランブルーのイルカのように、人生を楽しみ、海を愛し、

家族や環境や周囲の人々を愛し、純粋に、

しなやかに生きたいものです・・・( ^ω^)

 

 

 

 

 

 

海上の男と海中の男との死闘!「眼下の敵」

 

潜水艦映画の名作!「眼下の敵」

出典:https://www.google.co.jp

 

映画「眼下の敵」は1957年のアメリカ映画です。

 

イギリス海軍中佐D・A・レイナーが自分の戦争

体験にもとづいて書いた小説「水面下の敵」を

映画化したものです。

 

第二次大戦中のイギリス駆逐艦と,ドイツ・Uボートとの

戦いを描いた海戦映画の名作です。

 

この映画の見どころは・・・

 

何といっても「ウーン・・敵ながらあっぱれだ!」と

海の上と,海の下で戦う敵艦長同志が相手の戦い方と

能力に敬意を示し合う姿です!!

 

まさに老練な「狐と狸」さん同志が「オヌシもやるのー」と

褒めたたえ合うシーンです。(タンタン・コンコンです)

 

そういえば、演じている俳優のロバート・ミッチャムは「狐」

クルト・ユルゲンスは「狸」のイメージがありますね。

 

アメリカ駆逐艦艦長役のロバート・ミッチャム

なんとなくもっさりした風貌からは想像もつかない

ほどの機敏で果敢な指示を出すキャラクターです。

 

対するドイツUボート艦長役のクルト・ユルゲンス

包容力のある歴戦のツワモノでありながらも

常に精神的な疲れを漂わせるキャラクターです。

 

この対照的なキャラクター同士があらん限りの

技巧を尽くし,お互いを好敵手とみなしながら

息詰まる戦いを壮絶に描きます。

 

 

ストーリー

 

舞台は第二次大戦の大西洋。

 

ドイツのUボート狩りをやっていたアメリカの駆逐艦

ヘインズ号のマレル艦長は着任以来,自室に閉じこもり

きりでした。

 

彼は着任する直前に乗っていた船が魚雷攻撃を受け

愛する新妻が自分の目の前で死んでいった事で

憔悴していたのでした・・。

 

ある日,彼の艦のレーダーがUボートを捉えた!

 

彼は初めて乗組員の前に姿を現し指揮をとりながら

追跡をはじめます。

 

一方ドイツUボートの艦長ストルバーグは味方が手に入れた

暗号書を本国へ持ち帰るという重大な使命を持っていました。

 

彼は沈着で勇敢な男であったが2人の息子を戦争で失い

無益な戦争を呪っていました。

 

戦争に対して批判的な二人の指揮官・・・

しかし相対する敵とは戦わなければならない!

 

「駆逐艦・海上の男」と「潜水艦・海中の男」

手の読み合い・頭脳戦・心理戦と

互いの知力を振り絞って見えない相手と戦う二人。

 

魚雷攻撃!

 

やがて激戦の中で,敵方の見えぬ指揮官に対して

お互いが敬意を抱くようになっていく・・・。

(デキル・・・おぬしもデキルノ~)

 

爆雷攻撃!

 

そして壮絶な戦いの末に互いの艦は致命傷を受け

操艦不能になります。(相打ちです)

 

駆逐艦・Uボート共に総員退艦となる。

 

Uボート艦長は戦友の副長を助けながら何とか艦橋の

上に出る。

 

そこで彼は駆逐艦の船橋で一人の人物と目が合います。

 

「この男に違いない!」・・・両雄は初めて互いに出会い,

そして敬礼を交わします。

 

このシーンがこの映画の肝です!

 

敵同士でありながら「男と男が敬意を示し合う姿」!!

実に「カッコイイ」ですね!オヤジたちの鏡です。

 

そうこうしているうちに,潜水艦艦長は戦友と共に艦上で

のっぴきならない状況になります。

 

と・・その時,一本のロープが・・・

 

駆逐艦艦長が救出のためのロープを投げてよこしたのです!

 

何とか,かんとかして乗り移り救命ボートで脱出する二人。

 

同時に,両艦長の前で爆発し沈んでいく駆逐艦と潜水艦・・

 

その後,増援に訪れたアメリカ艦上で言葉を交わす両艦長。

タバコをすすめる駆逐艦艦長に・・

 

ドイツ艦長

”今まで何度も死線をさまよい,そのたびに生き延びてきてしまった。

今回は君のせいで死に損ねてしまったよ。どうしてくれるんだ?”

 

駆逐艦艦長

そうか,それは悪い事をした。

では,次回はロープを投げるのをやめよう。

 

ドイツ艦長

”いや,君はきっとまた投げるさ・・・・・ざ・エンド

 

男と男の熱い心と闘い・・・そして敬意。

名作です!

 

 

次回予告

永遠の青への誘い・・「グランブルー」

 

 

孤島での男対男!異色作「太平洋の地獄」

 

男2人しか出てこない映画!

 

無人島に漂着した男と女のストーリーは

数々ありますが・・「男と男」

それも戦争中のアメリカ兵と日本兵の敵同士!

 

孤島を舞台に男同士の意地と死闘が描かれます。

 

映画「太平洋の地獄」は日本が生んだ国際スター三船敏郎と

リー・マービンの二人芝居という異色の戦争映画です。

 

当時としては70ミリのワイドスコープに音楽や効果音も

秀逸で見ごたえのある娯楽作品となっています。

 

1968年(昭和43年)のアメリカ映画で監督はジョン・ブアマン。

 

ジョン・ブアマン監督作品は,かなり男ぽっい配役を配し

バート・レイノルズが出演した「脱出」はアメリカでは

アカデミー賞作品候補にもなり,ヒットを記録しました。

 

ストーリー

 

太平洋の,とある無人島。

 

その島では一人の男が時給自足のサバイバルな

生活をおくっています。

 

三船敏郎演じるこの男は,どうやら日本海軍の将校で

戦争中に,この無人島に流れ着いた様子・・・

(さすが国際スターの三船さん・存在感アリです!)

 

そこに、リー・マービン演じるアメリカ空軍の将校が

救命ボートに乗って新たに流れ着いた・・・

 

島には敵対する日本兵とアメリカ兵の二人だけ!

 

かくして,二人は飲み水を巡ってゲリラ戦を展開します。

 

あれこれのゲリラ戦を展開した後は,戦う意味が無い事を

二人とも悟り「とにかくこの島を,脱出しょう!」と

表面上の休戦協定を結びます。

 

休戦協定の後は,島を脱出する為のイカダを作り

海に漕ぎだします。

 

 

漂流中は荒波やら強烈な日照りでひどい目にあいますが

おたがいを励ましあったりするうちに二人の間には

男同士の友情が芽生えます。

 

漂流の結果,見事!人の気配が漂う島にたどり着きます。

 

そこはアメリカ軍が占領した島ですが,もう誰もいません・・

 

二人は基地内を探索し酒やタバコを発見し,しばらくぶりに

上機嫌なひと時を楽しみます。

 

酒とタバコで上機嫌の三船とは裏腹に,マーヴィンは

神妙な面持ちでグラフ誌を見つめています。

 

グラフ誌を三船に見せると三船の顔がこわばります!

敗戦国として追い詰められた特攻隊の死が報じられています。

 

神風特攻隊に見られる日本人の思考に対する疑問を

クリスチャンの彼は,三船に問い詰めます。

 

「君たちは,神を信じない。何故だ?」

 

苛立つ三船に,マーヴィンは更に問い詰めます!

 

「うるさい!だまれ!」

「なんだと?神の話をしているんだぞ!」

 

「うるさい!だまれ!」

「なんだと!~」

 

マーヴィンは怒り心頭で薪を燃やしている一斗缶を

蹴っ飛ばします・・・

 

ドカーン!!!~!・・・ざ・えんどです

 

実は・・一斗缶を蹴とばした先には基地で保管していた火薬が

あり,引火して島ごと大爆発しちゃたんです・・・(・V・)

 

まさに,男男くさい日米の大物俳優を演技合戦させて

最後に「爆発オチ」・・・の映画でした!

 

 

 

 

 

無人島では本能で生きろ!「東京島」

 

無人島での生活!

 

乗っていた船が難破し,無人島へ漂着・・・

そして孤島でのドラマが始まる。

 

よくあるパターンですね!

 

無人島を舞台とした映画は,数々あります。

 

若者たちの一途な恋と逃避行を描いた「二人だけの恋の島」

 

義母との禁じられた恋を描く「禁じられた恋の島」

 

無人島で野生に返った男と女!「流されて・・」

 

・・・等の無人島でのドラマ作品があります。

 

では,1人の女と23人の男の場合は・・

 

        生きろ!サバイバルな女

出典:http://mitoooomo.me/

 

映画「東京島」は2010年の日本映画です。

無人島に漂着した一人の女と23人の男。

 

男だけに囲まれた無人島で,たくましく・貪欲に生きる

一人の女のサバイバルストーリーです。

 

主演の「木村多江」さんは、今まで演じた役柄から

日本一「薄幸が似合う美人」と称された寂寥感のある

女優さんです。

 

 

 

 

 

 

この映画では,薄幸のイメージから一変した孤島での

男たちを相手に貪欲でサバイバルな女を演じています。

 

ストーリー

 

清子(木村多江)と隆(鶴見辰吾)は結婚20周記念として

クルーザーで世界一周旅行をすることになった。

 

その途中で難破し,無人島に漂着する。

精も根も付き果てたころ,新たに若い男たちが漂着する。

 

彼らはフリーターで与那国島でのバイトがきつく,脱走して

きたのだという。

 

23人の男と一人の女・・・

 

 

その後,夫は謎の死を遂げる・・

 

清子にとってそこは楽園だった。

若い男たちが,ちやほやしてくれる・・・(女王様とお呼び!)

 

新たに夫になったカスカベ(山崎龍人)は頼りがいがあるが

束縛欲が強く,清子に寄って来る男たちには容赦しない!

 

無人島での平穏な日々・・・(正に東・京・島)

 

ある日,新たに中国人が漂着してきた!

 

彼らは見た目はかなり怖いが,よく働き日本人よりも

何倍もたくましかった。

 

中国人と日本人は,それぞれ別の場所でくらしていたので

争いやトラブルは特になかった。

 

ところが,ある日夫のカスカベが崖から落ちた!

 

これは中国人の仕業でないか?

そんな不穏な空気が日本人たちを包む・・・

 

第三番目の夫はくじ引きで決められることになった。

くじ引きで選ばれたのは,GMという記憶をなくした男。

 

たくましさはなかったが,彼の優しさに惹かれていく清子。

 

そんなある日,中国人が清子に見せたいものがあるといって

清子を連れ出した。

 

そこには,いかだが浮いていた!

 

「これで島を脱出する。清子も一緒に行こう!」と・・

 

清子の心は揺れた・・夫を置いてはいけない!

 

でも,このまま島で一生暮らしていくのも嫌だ・・

 

はたして彼女の選択は・・・・

 

 

 

無人島の生活で・・・

 

清子が島に漂着した時,スーツケースを開けて

「どれも必要な物だと思ったけど,どれも不要なものだった」

という冒頭の言葉。

 

漂着したワタナベが歌っていた歌で

「何にもないけど何でもあるよ」

「何でもあるけど何にもないよ」・・・

 

現代のモノ主義に対するメッセージでしょうか・・・( ^ω^)

 

次回予告・孤島での男と男の激闘を描く異色作!

「太平洋の地獄」

 

 

野生に返った男と女!「流されて・・」

 

無人島でのエロテッィクコメディー

出典:38.jisseki.net/

 

ボートが故障し,無人島に漂着した男と女。

女はブルジョワ層のワガママ女・男はその女の使用人。

 

その後,主従の関係は逆転し野生に返って愛し合う二人。

無人島での男と女の結末は・・・。

 

映画「流されて・・」は1974年のイタリア映画です。

ジャンルはエロティックコメディー。

 

監督はイタリアの女流監督リナ・ウェルトミュラーで脚本も

彼女自身のオリジナルです。

 

地中海の孤島を舞台に男と女の,極限的な愛と性を描きます。

 

ストーリー

 

地中海の8月の海を,一隻のヨットが走っていた。

 

このヨットにはブルジョワ層の傲慢でワガママな女・ラファエラ

(M・メラート)がビキニ姿で太陽を浴びていた。

 

使用人のジェナリ―(G・ジャンニ―二)にシャツの臭いが

臭いと文句を言ったり,その傍若無人の態度で船員たちも頭に

きていた!

 

そんなある日,彼女は洞窟で泳ぎたいとジェナリ―に命じて

二人だけでモーターボートに乗って沖に出る。

 

しかし,ボートは故障し海上をさまよった挙句,とある

無人島に漂着する。

 

早速,小屋を作り時給自足の生活をする二人。

 

こうなるとブルジョア育ちのラファエラは何にもできません!

 

この時とばかり使用人のジェナリ―の屈辱と今迄の

怨みが爆発します!(コノコノコノ~!)

 

そして,ラファエラに”ご主人さま”と呼ばせ主従の

関係は逆転します。

 

 

島での原始生活でジェナリ―は欲求不満がつのり

ラファエラを,蹴る殴るの暴力で痛めつけた後に

ついには砂丘で彼女の肉体を奪います。

 

ラファエラはその性の快楽にいまだ経験したことの

無い強烈なものを感じます!(征服されちゃいました)

 

それ以来,野生に返った男と女の本能のおもむくままの

愛の生活が始まった!!・・・ (二人だけの愛の島)

 

しかしそんなある日,行方不明となった二人を探すヨットが

現れる。

 

ラファエラは今のままでいいわ!見過ごそうと主張!!

ジェナリ―は二人の愛を確かめようと一度はヨットに

戻り,また島へ帰って暮らそうと主張!!

 

ヨットに助けられた二人・・・

 

元の生活に戻る二人・・・

ラファエラには実業家の夫との退屈な生活。

ジェナリ―には貧しく妻子のいる家庭が・・

 

燃えた日が懐かしい・・

 

陸に戻ったジェナリ―に,ラファエラの夫から

妻を良く守ったと感謝され大金を贈られる。

 

ジェナリ―はその金をすべて投じて指輪を買い

彼女に贈り,島へ脱出するために港で待ちます。

 

だが約束の時間にラファエラは現れなかった・・

 

ラファエラは夫と共に豪華なヘリコプターでミラノに

帰っていった・・

 

「二人だけの愛の島」を夢見ていたジェナリ―は

現実に引き戻され・・

 

すごすごと妻の後から家路に向かうのだった・・ザ・エンド

 

この映画のような無人島での暮らしになれば

ブルジョワも貧乏人も無く,赤裸々な男女の姿が

あるだけです。

 

無人島での生活は裕福な世界にどっぷりつかって

しまった人間の無力さを教えてくれますね!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

北海の孤島!許されざる恋と死闘「針の目」

 

欲しいのは,あなたの愛だけだった・・

出典:https://movies.yahoo.co.jp/

 

コードネーム・・・ニードル(針)

殺しの道具は,細身の針を思わせる鋭いナイフ。

針は,凄腕のナチスのスパイである。

 

映画「針の目」は,1981年のイギリス映画です。

 

ケン・フォレットのベストセラー小説の映画化作品で

第二次大戦下のイギリスで機密情報を握るナチススパイと,

そうとは知らずにその男を愛してしまった孤島で暮らす

人妻との葛藤を描くサスペンス作品です。

 

主人公「針」を演じるのは異色の性格俳優

ドナルド・サザーランド。

テレビドラマ「24FOUR」のジャックバウアーで有名な

キーファー・サザーランドのお父さんです。

 

 

ストーリー

 

第二次世界大戦末期のイギリス。

 

針(ニードル)というコードネームを持つナチスドイツの

凄腕スパイ。

 

彼はイギリス人になりすまし,連合軍のヨーロッパ上陸作戦の

情報を収集する為に暗躍している。

 

任務遂行のためなら,親しい人をも平然と殺す冷酷なスパイ!

正体がばれそうになった下宿やどの,おばさんも即!殺します。

 

そして、ついに決定的な情報を手に入れます!

 

「針」はその情報をヒトラーに届けるためにドイツ軍の

潜水艦と接触を試みるも,海は嵐となり乗っていた船が

難破・・

 

とある孤島にたどり着く・・・。

 

島には灯台守の親子3人が暮らしていました。

 

夫デビットと妻のルーシーと息子の3人だけ。

 

デビットは新婚旅行の時の運転事故で半身不随の身体

となり今では厭世的で世捨て人の性格となり夫婦の関係も

冷え切ってしまっている。

 

 

その後、夫の愛を得ていないルーシーは「針」と愛を交わします。

 

「針」の挙動に不信を抱いたデビットは,彼を灯台におびき

出し銃を向け問い詰めた!

 

「針」のナイフが光った・・・断崖から落ちてゆくデビット・・・。

 

デビットの溺死体を発見後から「針」の恐ろしい正体に

きずいたルーシー

 

死にもの狂いでSOSを打電したルーシーと非常なスパイに

戻った「針」との闘い・・・

 

死闘の末,島からの脱出を図り潜水艦との合流を目指す「針」。

 

海に出て数m離れたころ,岸から放ったルーシーの弾丸で

倒れる「針」

 

 

海と岸、互いに見つめあう二人・・・・ザ・エンド

 

本気で愛したのに・・・

欲しいのはあなたの愛だけだったのに・・・。

 

という人妻の想いが愛憎と共に祖国の敵であり冷酷な殺人者に

対して容赦なく戦いを挑む映画でした。

 

監督のリチャード・マーカンドは臨場感の再現に長けた

監督であり,寂寥感のある北海の孤島の自然描写も

この作品の見どころとなっています。

 

その後,国際的にも評価もされ「スターウォーズ ジェダイの復讐」の監督も努める事になりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鮮烈な太陽と海の殺意!「太陽がいっぱい」

出典:http://www.geocities.jp/

 

鮮烈な太陽と青い海,白いヨットの眩い美しさ・・・

卑しき翳りを持つ青年の野望と悲しさをアラン・ドロンが

好演。

 

インパクトのある,ラストシーンの見事さに拍手喝采です!

 

アラン・ドロンの危うい魅力!「太陽がいっぱい」

 

映画「太陽がいっぱい」はフランスの巨匠ルネ・クレマンが

監督を務めた,1960年のイタリアとフランス合作の作品です。

 

まずしい青年が,激情にかられてある犯罪を思い立つ姿を

甘美な調べに乗せて映し出します。

 

音楽は哀愁を帯びたニーノ・ロータのメロディーが主人公の

運命を悲しくも優しく印象づけます。

 

本作でアラン・ドロンは鋭利で翳りのある危うい青年役を演じ

そのクールな美貌と共に日本でも圧倒的な人気を確立しました。

 

金持ちの道楽息子と貧乏青年の対比

 

ストーリーのベースにあるのは金持ちの道楽息子と貧乏青年。

 

それに美貌の女と金、嫉妬と野望が絡んでくると・・・

このようなサスペンス映画の誕生となるわけですね!

 

 

ストーリー

 

貧しいトム(アラン・ドロン)は,幼馴染みのフィリップ

(モーリス・ロネ)がイタリアで遊び暮らしをしているのを

アメリカに連れ戻すようにと,彼の父親から多額の報酬付きで

頼まれます。

 

一方,美しい恋人マルジェも手にした富豪の息子フィリップは

親の金で遊び回り,全くアメリカに戻る気はなかった。

 

トムは戻るようにフィリップに言うが,彼は報酬がほしくて来ているのを知っているのでトムを奴隷のように扱い・・・

馬鹿にするのです。

 

そして,美しい恋人マルジェ(マリー・ラフォレ)を

見せつけます。

 

羨望や反感が募ってくる・・・トム ・・ (コノ~)

 

更に,そんなトムに殺意を抱かせるような事をします!

 

ヨットに乗り3人でクルージングしている時です。

 

フィリップはマルジェと2人になる為,ヨットから落ちた

ボートにトムへ乗り移るように指示する。

 

嫌がるトムをボートの方に突き入れ,ボートのロープを長く

垂らしてヨットへ結びつけます。

 

フイリップはトムをそのまま放置して船室でマルジェを抱く。

 

トムはロープをたぐりよせ,なんとかヨットに戻ろうとするが

その,ロープが外れてしまう!

 

焼けつくような海上に,トムとボートが取り残される・・

 

フイリップがボートのロープが外れているのに気が付くのは,

トムが太陽にさらされて醜い火傷をした後だった。

 

復讐に燃え,フィリップの全てを奪おうと計画を立てる・・トム

 

その後,トムの手の内を探ろうとするフィリップはまたもや

3人でクルージングをします。

 

計画を実行しょうとするトムはマルジェを降ろし,

フィリップと二人だけになるように仕組みます。

 

フィリップが他の女と遊んでいるように証拠品を置き

二人が喧嘩するように仕向けたのでした。

 

トムの思惑通りにマルジェが怒り,彼女は船を降りてゆく。

 

さあ,二人だけになった・・・

 

お互いの胸の内を探り合いながらの会話・・

 

そして,トムの殺害計画が実行される!

 

テーブルの下に落ちたトランプを拾おうとしている

フィリップを,隠していたナイフで刺す!!!

ナイフで胸を刺す!

 

海が荒れる・・

 

フィリップの死体を覆い,ロープで縛り海に投げ捨てます。

(縛ったロープがラストシーンの肝となります?)

 

その後は,首尾よく事が運びフィリップの声やサインを真似て

フィリップになりしまし金を狙うトム。

 

万事計画通りに行っていたが,フィリップの友人フレディが気ずき

彼も殺し,再び犯罪を重ねることになる。

 

そのことで刑事が調べ始める。

 

一方,失意のマルジェには優しくして,彼女をも

奪おうとするトム。

 

 

トムは大金とマルジュさえも手に入れ,念願の豪遊生活を送ります。

 

見事に完全犯罪は成立し,全てがうまくいくはずだった・・・

 

海に行く二人。

 

マルジェはフィリップのヨットの売却で引き上げを立ち会う

のだが,ヨットと共に引き上げられたのは・・・

スクリューに絡んだ一本のロープと縛られたシート。

 

シートからは助けを求めるように差し伸べられた

腐食した手・・・

 

そして悲鳴が!!!

 

砂浜では全てに満足し未来に安心し,くつろぐトム。

最高の太陽を独り占めしている・・トム。

 

 

チェアで,くつろいでいるトムに給仕が伺う

 

”ご気分はどうですか・・”

「何・・気分?」

「太陽がいっぱいで最高の気分さ 酒だ!」

 

”どれに?”

「極上のを」「最高だ・・最高だ!!!」

 と,至福に身をゆだねるトム。

 

ギラギラした太陽がトムを照り付けている・・・

 

刑事が給仕を呼び,何かを告げる。

 

給仕がトムを呼ぶ

「トムさん・・電話です」

 

トムは立ち上がり,笑いを浮かべて歩いていく

 

その先に刑事たちが待ち構えていることも知らずに・・・

 

・・・ザ・エンド

 

素晴らしいラストシーンです!!

 

タイトルの「太陽がいっぱい」の意味する事は

この無情なまでのラストシーンに描かれており

いつまでも心に残る映画でした・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

孤島を舞台とした人間ドラマ 「裸の島」

出典:http://ameblo.jp/byby99/

 

映画「裸の島」は新藤兼人の監督による1960年(昭和35年)

の作品です。

 

孤島で時給自足の生活をする4人の家族の葛藤を描いています。

 

当時,経営危機にあった近代映画協会の解散記念作品として、

撮影期間1ケ月と500万の低予算で制作され一切のセリフ

を排したモノクロの実験的な映画でもありました。

 

撮影は瀬戸内海にある「すくね島」でロケを敢行。

 

役者を含めたわずか13人のスタッフが島に泊まり込み

島の人達の全面的なバックアップを受けて映画を

作りあげていったのです!

 

出典:d.hatena.ne.jp/

 

作品はモスクワ国際映画祭グランプリを始め,数々の

国際映画祭でも受賞し,世界60カ国以上で

上映されました。

 

興行的にも成功したことから,近代映画協会は解散を

免れました!

 

ストーリー

 

基本的には無人島・・島で暮らすのは夫婦・子供2人の一家族4人のみ。

 

島には電気・ガス・そして水道が水がありません!

 

夫婦の日課は毎朝日が昇る前から隣島へ小舟で渡り小川で水を汲み

島へ戻っては生活の糧である作物畑に水をまく事だけだった。

 

この一連の流れが音楽と共に何度も何度も繰り返されます。

 

出典:tetsu-eiga.at.weby.info/

 

島の急斜面を天秤棒を担いで運び上げる為,時には妻が誤って

水をこぼしてしまった時には,夫は容赦なく妻を平手打ちに

します! (酷です!)

 

それほど厳しい生活が毎日繰り返えされるのでした。

 

実は,この島は夫婦所有の土地ではなく地代として農作物を

納めているのです。

 

小さな島に,小さな畑・・収穫される作物もたかが知れています。

 

そんな貧しい暮らしでも,時には家族で隣町へ観光へ行ったりと

楽しいひと時もありました。

 

 

しかし・・ある日 一家に重大な事件が起こります!!

 

暑い日の午後,長男が高熱を出し発病したのです。

夫が医者を捜し島まで連れてきたが,長男は死んでいました。

 

葬儀が終わり,家族はまた日常の水汲み生活が繰り返されます。

 

しかし,畑の作物に水をやっている時,妻は突然桶の水を

ぶちまけ狂ったように作物を引き抜き始めるのでした!

 

そして,大地に突っ伏して号泣するのでした・・・

(その心情・・わかります)

 

いつもは水をこぼしたら,平手打ちする夫は

ただ見ているだけであった・・・。

出典:tetsu-eiga.at.weby.info/

 

ほどなく、妻は落ち着きを取り戻し,水やりを再開しました。

 

この家族にはこの孤島の,この土地で生きてゆく他はなく

今日も 明日も

この小島で暮らしてゆくのでした・・・。ザ・エンド

 

監督の,新藤兼人さんと出演した乙羽信子さんは、

亡くなられた際には遺骨の一部が瀬戸内の海に

散骨されたそうです。

 

お二人ともに,想い出深い作品だったのでしょうね・・・。

 

名作です!機会があればご覧ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

愛し合えない・・「禁じられた恋の島」

出典:pokkekun.jp/

ブタさんの愛の島・・🐖

 

カリブ海の,とある無人島にはブタだけが住んでいる島があります。

島には数十匹のブタだけが生息し独自のコロニーを形成しています。

 

誰かが食料用に,島に放しそのままブタさんたちが増え続けた

と思われます。

 

ブタさんたちは,平均的に訪れる観光客が与えるエサを

食べているので非常に人なつっこくボートに乗った人を見た

だけで泳いできます。

 

出典:bokyo-qualia.com

 

「人を見たらエサと思え!」的になっているのでしょう。

 

豚さんだけがいる島だから・・「ブタだけの肉の島」

または,「トンチャンズ愛ランド」と呼びましょう!(ブヒ~)

 

映画にも小説にも「島」をタイトルとしたドラマがあります。

 

イタリア映画で若者たちの,純粋で一途な恋を描いた

「二人だけの恋の島」がありましたが・・・

 

「禁じられた恋の島」という作品もあります。

 

出典:amazon,co.jp

 

小島に住む思春期の少年の恋心をテーマとした

慕情ドラマです。

 

同じイタリア映画ですが,1962年のサン・セバスチャン

映画祭で最優秀映画賞を獲得しています。

 

哀愁をおびた同名の主題歌は日本でも爆発的なヒットとなり

日本の歌手「園まり」さんも日本語バージョンでリリース

しています。

 

ストーリー

 

ナポリ湾の小島プロチーダに,16歳のアルトゥロは

父・ウィレムと二人きりで住んでいました。

 

父は,ほとんど家にいることがなく島を離れると数カ月も

戻りません。   (たぶん出稼ぎでしょうか?)

 

ある日,父が戻って来た時に後妻として美しい娘ヌンチータ

を連れてきました。 (ナント!美人で魅力的)

 

アルトゥロは,一目見ただけで彼女に一目惚れ!!

 

しかし彼女は父の妻です・・・義母です。

 

一緒に暮らす内,アルトォロは増々彼女に対する思慕の

情も高まり, そして・・・彼女を憎みました.。(嫉妬)

 

そのうち,父がまた島を出ていきましたが

彼女はすでに父の子を宿しています・・・。

 

数カ月が過ぎて,彼女が男の子を産んだ頃にはアルトォロの

彼女に対する想いは,激しい恋に変わっていました。

 

そして,ヌンチータも少年を愛しましたが義母の親子の

垣根を超えようとはしませんでした。

(まさに・・禁じられた恋)

 

出典:jdapig.blog68.fc2.com/

 

そんな時,サーカス芸人上がりの女テレサがアルトォロ

に近づき誘惑します。

 

ヌンチータに対するやるせなさから,アルトォロはその誘惑に

負けます。

 

しかし一度は誘惑に負けたアルトォロだったが,自分が本当に

心を捧げるのはヌンチータだと改めて思い知るのでした!

 

そんな時,父が帰ってきた・・・みすぼらしい姿で。

 

しかも,船で帰ってくる時に同じ船で護送されてきた

囚人トニーの脱獄を助け,我が家にかくまう父。(何で~)

 

アルトォロは,トニーに出って行ってくれと頼むが

彼は,おまえのオヤジと一緒に島を出て行くんだゼ~と

うそぶく・・

 

ナント!彼らは「同性愛者」だったのです!!

 

その後もアルトォロは,父がトニーの様な男に頭が上がらない

のを目撃し,ショックを受けます!

 

その夜・・アルトォロは島を去ります!

 

ボートを漕ぎながらヌンチータへの愛情を心の奥底に

秘めて・・・・

 

「禁じられた恋の島」を去るのでした・・・ザ・エンド

 

エンディングと共に、哀愁のテーマ曲が心に染みこみます。

 

イタリア映画「二人だけの恋の島」「禁じられた恋の島」

若者の一途な恋とひたむきで純粋な恋心を描いた作品でした。

 

小島で繰り広げられるドラマには,さまざまなストーリーが

ありますね・・・。

 

次回予告・日本映画で「裸の島」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Love is land・・・二人だけの恋の島

 

 

 

 

二人だけの恋の島ってあるの?

 

地上には文明の虚飾を離れ,絶海の孤島で愛し合う

Love islandoがあるのです・・

そうです「二人だけの恋の島が」!

 

1971年のイタリア映画で「二人だけの恋の島」

がありました。

 

灼熱の太陽と燃え上がる恋人たちのイメージポスター。

出典:www.fantasiem.com/

 

ストーリー

 

15歳の少女リザと、片時もギターを離さない

ロベルトとの出会い。

 

リザの父親は大きな会社の社長で

お金持ちの両親の娘さんです。

 

デートの後、彼女から教えてもらったリザの家を訪れたが・・

彼女の両親はヒッピー風の、ロベルトを快く思わなかった。

 

そしてリザの父親はロベルトとリザの交際をはっきり禁じ

ました!

 

駄目だ~ダメダメ!

あんな男より家柄の良いマリオとつきあいなさいと!

(ウ~ン よくあるパターンですね)

 

しかし、二人の恋を誰も邪魔する事はできません!!

邪魔されると更に燃え上がるのが真実の愛だもんね!

(更に、よくあるよくあるパターンの展開です!)

 

リザの思いつきで、父親の海辺の別荘からヨットをだして

地中海にすべりだすリザとロベルト!

 

青い海に、二人の笑みが輝きます。

 

しかし、ロベルトに愛する娘を誘拐されたと思い込んだ父親が

その金と権力を使って警官と軍隊を総動員して大がかりな

捜索に向かわせたことも知らない二人。

 

その後、二人が乗るヨットは、とある無人島にたどり着きます。

 

だれもいない無人島で暮らす男士と女士

 

初めは恥じらいとともに・・衣類を脱ぎ捨て白い裸を

青い海に投げ出すリザ・・・( ^ω^)

 

 

朝、眠りから覚めると海へ・・その海に倦めば洞窟の

しとねへと・・。

 

毎日、時の立つのを忘れて恋の陶酔にひたる

リザとロベルトでした。

 

(まさに・・二人だけの愛の島となりましたね!)

 

しかし、二人だけのラブラブに危険が忍び寄ってこようとは

思ってもいなかった

 

ある日、この無人島に猟に来たハンターがアダムとイブ

さながらの二人を見て、すぐ警察に知らせました!

 

リザの父親は即!軍隊を出動させ大捜査隊を無人島に向かわせます。

 

島ではロベルトがつまびくギターの音の他には何もない

島の昼下がり・・・

そばにはリザがうっとり頬をよせています。(幸せ~)

 

そこに、突然落雷のように舞い降りた武装した捜索隊の男たち!

 

リザは無理やりロベルトから引き離され、父の待つ

豪華ヨットの中へ引き戻されます。

 

ロベルト~!   リザ~!!

 

そして、必死の思いでリザに駆けよるロベルトめがけて

銃弾が発射された・・・・・・・ザ・エンド

 

この作品の見どころは

つかの間の恋に一生を賭けた恋です。

その一途さ、激しさに、純粋さに心揺さぶられます。!

 

しかし、何といっても魅力的なのはこの映画で主演した

女優「オルネラ・ムーティ」の官能的魅力です。

 

妖艶な魅力を讃えたアクトレス「オルネラ・ムーティ」

出典:actor-actress.jugen.jp/

 

撮影当時のオルネラは16歳。

16歳にして既に妖艶な魅力を放ち、この色気は反則です!

 

酔的で半開きな唇。

官能的で蠱惑的な目。

そして健康的に発育しながらも魔性を秘めたボディなど・・

 

無人島で恋の炎を燃え上がらせる熱いまなざしも

忘れがたいシーンです。

 

この映画しかり、ロメオとジュリエットしかり・・

この世にはどんなに愛し合っても結ばれない恋って

ありますよね・・

 

そんな時は無人島めがけて脱走しましょう!・・

(遭難します)

 

ゆえに、せっかく結ばれた恋人たちは簡単に分かれることの

ない様努力しましょうね!

 

二人だけの恋の島でした・・・(・V・)

 

 

次回予告

義母との禁じられた恋を描く・・

「禁じられた恋の島」